【農園直送】氷温熟成 甲州ころ柿【綿雪わたゆき】

商品名 【農園直送】氷温熟成 甲州ころ柿【綿雪わたゆき】
簡易説明 山梨特有の厳しい寒さが作り上げる柿の甘さだけをじっくり時間をかけて凝縮させた贅沢な冬の和菓子です。L粒サイズ 10〜12個入り
型番 6103
定価 5,000円(税込5,400円)
販売価格 4,500円(税込4,860円)
購入数

☆12月10日のご注文まで定価から10%オフでご案内(^^)/☆
☆会員様ログイン購入で割引価格からさらに5%オフ☆


******************************
****氷温熟成 甲州ころ柿【綿雪わたゆき】****
******************************
大きめL粒サイズのころ柿が10〜12個入った冬の贈りものとしても使いやすい定番の商品です。山梨特有の厳しい寒さが作り上げる柿の甘さだけをじっくり時間をかけて凝縮させた贅沢な冬の和菓子です。

(内容・内容量)
L粒サイズ 10〜12個入り
総重量 1000g前後



【やまなし内藤農園の氷温熟成 甲州ころ柿について】
その昔、武田信玄が推奨したという山梨特産の「甲州ころ柿」。
やまなし内藤農園の甲州ころ柿の原料となる柿は「甲州百目柿」。その大きさと重さから百匁(ひゃくもんめ)柿と呼ばれ、通常干し柿で使用される柿よりもずっしり重くて大きい渋柿です。
朝晩が冷え込む10月後半、柿のオレンジ色が濃くなり始める頃から収穫が始まります。柿の大きさと甘さはもちろんのこと、八ヶ岳おろしと呼ばれる乾燥した冷たいからっ風と氷点下の気温で熟成されてできあがる、山梨特有の厳しい寒さが作り上げた冬ならではの美味しさです。
やまなし内藤農園の氷温熟成甲州ころ柿の特徴は柿の表面にうっすらと白い粉をまとっていること。これは柿の糖分が結晶したもので美味しいころ柿のしるし。
柿の皮をむきハウスでの乾燥のあと天日に干し、朝晩の気温がマイナスになる環境で本来の重さの25%程度になるまで水分を飛ばします。冬の寒さの中でゆっくりと熟成させることで、柔らかすぎず硬すぎず適度な歯ごたえの自然な甘さのころ柿になり、もう一個とつい手が伸びてしまう美味しさです。約一か月ほどの時間がかかりますが自然のおいしさがぎゅっと詰まったころ柿が完成します。


【賞味期限】
製造より約40日

【原料】
柿(甲州百目柿)、酸化防止剤(二酸化硫黄)

【注意事項・その他】
表面の白い粉は柿霜(しそう)と呼ばれ柿の糖分である果糖が結晶した甘い柿のしるしです。そのままお召し上がりください。
柿の中には種が入っていますのでお召し上がりの際はご注意ください。

【保存方法】
直射日光、高温・多湿の場所を避けできるだけ涼しいところで保管してください。
長期保存する場合は冷凍庫で保管してください。

【お届け時期について】
・発送は商品ができあがる11月25日ごろ以降からの予定をしています。ご注文をいただいた方から順次発送させていただきます。
・自然のもののため天候や気温によって発送時期が変わることがありますので、お届け日のご指定ができません。ご了承ください。

【ご案内】
・箱のサイズは3種類
・柿の大きさは2L、L、M、Sサイズの4種類。箱の大きさによって入る数が異なります。
・商品代のほかに送料が別途かかります。
・のし(短冊)をお付けできます。(お歳暮、お年賀、無地のし)
・その他のしも作成可能です。(内祝い、御礼名前入りなど)別途お問い合わせください。
・ご注文はネットショップ、FAXまたはお電話でも承ります。FAXでご注文の方はネットショップの左側にあるFAX注文用紙ダウンロードから印刷してご利用ください。
・ご購入はクレジットカード、代金引換、お振込みからお選びください。お振込みの方はご入金確認後の発送となります。


【やまなし内藤農園について】
私たちは1968年から山梨市で果樹の栽培を中心に生産を行う農業生産法人です。
桃は山梨市中心で栽培していますが、柿は富士山を望む標高の高い山側、甲州ころ柿で有名な塩山松里地区を中心に栽培しています。朝晩が冷え込む10月後半、柿のオレンジ色が濃くなり始める頃から柿の収穫が始まります。11月には氷温以下にもなる冬の寒さの中、若いスタッフを中心に伝統の技術を伝えながら手間と時間をかけてひとつづつていねいに仕上げています。山梨ならではの自然が作り上げる美味しさを農園から直接お届けします。

ピックアップ商品